結局イオンカードセレクトにしかないメリットって何?

イオンカードセレクト



年会費無料のイオンカードをご存知、
もしくはすでにお持ちの方は多いことと思います。

多くの方がお使いになっているのは、クレジットカード機能のみの、
もしくは電子マネーWAON機能がプラスされているものではないでしょうか。


イオンカードセレクトとは

・クレジットカード
・WAONカード
・イオン銀行のキャッシュカード

これら三枚のカードが一枚ににまとまった便利なカードです。


3枚のカードが一枚になるということは、
お財布がかさばらなくて済みますね。


メリットはこれだけではありません。

イオンカードセレクトの利用で、
イオン銀行の普通預金の金利が0.12%になるのです。

マイナス金利時代にあっては嬉しい金利です。


それから、支払の際にWAONを利用すると支払額に応じて
WAONポイントが付くのですが、事前にオートチャージ設定をしておけば、
こちらもチャージ額に応じてWAONポイントが付与されます。

つまり2重にポイントを得ることができるのです。


また、このイオンカードセレクトは申し込み手続きも、
運転免許証があれば、オンラインで簡単に行うことができ、
デザインはディズニーデザインと通常の2種類から選ぶことがでます。

入会で6,000ときめきポイントももらえます。


全国のゆうちょ銀行のATMでイオン銀行普通口座からの引き出し、預け入れが、
平日日中であれば手数料が0 円というのも魅力的です。

 

 

驚異の銀行利率!イオンカードセレクト所有者は圧倒的に優遇!

お金


2016年8月現在、イオン銀行の普通預金金利は0.02%(税引き後・年0.015%)です。

この金利でも他の銀行と比べるとかなり高い部類に入ります。

ただ、クレジットカードとキャッシュカード、そしてイオン系をはじめとする
様々なお店で使える電子マネー・WAONの3つの機能が一つになったカード
「イオンカードセレクト」を持っているとさらに金利が高くなります。


イオンカードセレクト


イオン銀行の普通預金金利に年0.1%が上乗せになるので、
金利0.12%(税引き後・年0.095%)となり、
現在、日本国内で個人向け預金を扱う銀行の普通預金金利の中では、
最も高い利率となります。


ちなみに、現在の国内の銀行における普通預金金利で多いのは、
税引き前で0.001%というもの。

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行といったメガバンクや、
ゆうちょ銀行、セブン銀行や住信SBIネット銀行などは、
すべてこの数字になっています。

さすがマイナス金利時代という利率ですね。


それ以外では、大和ネクスト銀行が0.005%。

住信SBIネット銀とSBI証券の両方に口座を開き
証券の買付余力として使うための口座であるSBIハイブリッド預金や、
ジャパンネット銀行の100万円以下の普通預金が0.01%。

ジャパンネット銀の100万円以上の普通預金が0.015%。

そして、オリックス銀行、楽天銀行、野村信託銀行、東京スター銀行の普通預金が、
イオン銀行の通常の普通預金金利と同じ0.02%です。


というわけで、イオンカードセレクトを持っている場合の普通預金金利0.12%が、
現在の日本においては際立って高いということがわかると思います。

この0.12%という数字は、たとえば住信SBIネット銀行における
現在の定期預金の最高金利0.15%に近く、

普通預金の流動性を維持したままでこの利子を受け取れるのは魅力です。



知ってる?イオンカードセレクトオートチャージはポイント2倍

waon

 

イオンカードセレクトのオートチャージは
ポイントが2倍になってお得です。

 

でも意外と知られてないんですよね^^;

会員数もイオンカードセレクトはまだまだです。

 

今回はそんなお得なオートチャージについて解説します。

 

 

チャージポイントが付くのはイオンカードセレクトだけ

通常のイオンカードでもWAONへのチャージは可能です。

しかし、ポイントは付きません。

 

card-056

 

反対にイオンカードセレクトの場合、
WAONオートチャージ200円で1ポイントが付与されます。

 

オートチャージでポイントが付くのは
イオンカードセレクトだけのメリットです。

 

 

WAON利用でさらにポイントゲット

先ほどチャージしたWAONを今度は使ってみましょう!

WAON払いをすることで200円につき1ポイント貯まります。

 

つまり

  • オートチャージ … ポイント0.5%
  • WAON利用 … ポイント0.5%

 

ポイントの二重取りが可能になります。

これができるのはイオンカードセレクトだけです。

 

ちなみにイオンカードセレクトは
クレジットカードとしても使えます。

なんだかWAONだったりクレジットだったり複雑ですよね^^;

 

どのような時にWAONとクレジットを使い分けるべきなのか?

これについてはこちらの記事で解説していますので
参考にしてみて下さい。

 

⇒ イオンカードセレクトのクレジットとWAONの使い分け方法